ビスコの最期の日のこと。

昨日はクリスマスでしたね。
うちは、ビスパパのお誕生日なので、お誕生日会ですが。

いつものように、晩御飯食べてケーキも食べて
ビスコも一緒に食べたよ。


楽しいクリスマスでした。



さて、タイトルにありますように。
ビスコさんが亡くなるまでのことを書き残しておきたいと思います
この日記を最後に、ビスコのことを書くのはすごーく減ると思います。
たまーに、我が家の近況報告を書くかも?

いつも見にきてくださって皆さんありがとうございました。
コメントくださった皆さんありがとうございました。



では


まず↓のほうに、失明しました日記を書いてますが、たぶんこの頃から脳の影響で目が見えなくなったんだと思います。
本当に突然見えなくなってしまったので。

検査をしてないので憶測ですが、腫瘍かなにかが、頭のなかで視神経やら他の神経系を圧迫したんじゃないかな?


そして、そのあとから始まる徘徊
ぐるぐると旋回運動が始まり、足腰に力も入らずひたすら要求吠え
ベッドで寝かすのは転落が怖いので床に布団を敷いて寝かせてたんですが、2時間もしたら動きだし、ワンワンと泣き叫ぶ。

21日は、お昼からりゅうほの子供会のイベントで留守にしなくてはならなくて、帰るまでずーっとビスコのことが気になって、気になって仕方ありませんでした。


15時ころ帰宅すると↓に書いたように、比較的症状もおさまっており、自力で水も飲めたし、意識もはっきりしてました。

安堵して、ビスコの写真や動画を撮りまくりました。

その時の写真がビスコの生きてる最期の写真となりました。

その後、私は、病院に行かなくてはならなくてりゅうほとビスコでお留守番をしてもらいました。

18時ころに戻ると、ビスコはひたすら歩き回り、息もはぁはぁと荒く。
なんとか横にさせるも、また動こうとする。

手足は冷たく、目も虚ろで。
その時に、主治医が今日は出勤してるか確認して、やっぱり病院に行こう!と思い家をでたのが19時前。
15分ほどで病院に着いて、意識が無いということで、すぐ処置室へ連れていかれ血液検査
ICUに入り、脳圧を下げる点滴と酸素を送ってもらいました。
血液検査が出るまでしばらく待ちまして、呼ばれて心臓も肝臓も数値は悪くなく、むしろ改善されてて、やっぱり脳の中の何かだと思いますとのこと。
その検査にはMRIなのですが、今はとにかく症状が落ち着くまではどうもできないので、入院となりました。
それが、↓にある最期のちからで頑張ってる日記となります。

最後にビスコの体をなでて、明日またくるから頑張ってねと声をかけました。
それが、生きてるビスコとの最期のお別れとなりました。

私は、その日の午前中に、意識が朦朧としていたビスコを抱っこして号泣しながら謝りました。
ベッドから落ちたことで症状が悪化してしまったんじゃないかと、責めてごめんね!ごめんね!と
思えばその時から覚悟はしていたかもしれません。
先生から、転落が原因とは考えにくく脳挫傷というよりかは、脳腫瘍だと思いますと言われ、なんとなくホッとしました。
もしも、私たちのせいでビスコが亡くなったとしたら一生後悔してたところなので。

22日
この日はりゅうほが終業式なので帰ってきたら一緒にビスコの所に行こうと思ってました。

朝8時半過ぎに病院から電話があり
出てみると、心肺停止しました!蘇生中なので今すぐ来てください!と

大慌てで用意を済ませ、車で15分ほどの病院に向かいました。
道中、旦那にビスコが死んだ。。と電話を入れ
ビスコは頑張った!えらかった!泣かない!と独り言を言いながら。

病院に着いて暫く待ってると、箱に入ってビスコがつれてこられました。
まだ温かくて寝てるだけにしか見えません。

先生からは、夜中一度旋回運動をして、6時半ころに大きな発作が起きました
その後、落ち着いて寝始めたのですが段々と心臓が弱ってきて、寝ながら亡くなりました。

と説明を受けました。

結局ビスコの死に目には会えませんでしたが、もしも家で大発作が起きてたら、なぜ昨日病院に連れていかなかったのかって後悔してたと思います。
あの時連れていってれば死ななかったのでは?とずーっと思ってたかもしれません。
なので、私としてはビスコが亡くなってしまったことはすんなり受け止められたようなきがします。

もう、十分頑張りました。

最期の二日間は見てる方が辛かったので。
どうしてあげることもできない、歯がゆい気持ちでいっぱいでした。

ビスコを車に乗せるときに雨が降りだして。
先生とちょっと笑いながら雨男だったんですと言いました。

おうちに帰ってから、いつものソファーに座って抱っこして、ビスコとたくさんお話しました。
まだまだ温かくて、寝てるようにしか見えなくて、でも心臓は動いてなくて。

なんで死んじゃったのかなぁ~と

りゅうほが帰ってくるまでの30分ほど、ビスコと二人であれこれ思出話をしました。


と、そんな感じのビスコ最期の日でした。

帰ってきた日は、すごーい雨で一日どしゃ降りの雨で。
雨のかみさんも、悲しんでくれたのかな?
ほんま、雨のかみさんに好かれた男でしたから(笑)


12年と8ヶ月24日



たくさんの、思い出を残して旅立ちました。

ありがとうね、びっちゃん!

この、半年ずーっと病院通いで辛いこともたくさんあったけどそれ以上に楽しいこともたーくさんあったね。

こちらのことは心配せずに、天国で皆と楽しく過ごしてね☆


またね、バイバイ!







ゆかぽんより
スポンサーサイト
     

コメント

心よりご冥福をお祈りします。

昨日ブログを久しぶりに覗いて知りました。
ビッちゃんもゆかぽんも頑張ったね。
お疲れ様でした。
私にとってもウチの杏蜜にとってもビッさんは特別なワンコでした。
小さいビッさんを初めて抱っこした時のことや、杏が子犬の時初めてバーベキューに連れて行ってもらったことや、蜜柑が初めて公園でビッさんに遊んでもらったこと。
昨日のことのようですよ。
向こうに行ったら杏さんと会えるかな。
遅くなっちゃったけど、2、3日したらお花が届くと思うのでビッさんにお供えしてね。
また気持ちが落ち着いたら会おうね。

No title

福さん

ほんとにねぇ、君が一番最初にビスコを抱っこしたかも。
私もあの日の事は昨日のように覚えてるよ。
あれからもう12年も経ったとは。。

あんちゃんとは、今ごろ再開してるかもね。
そしてまた、怒られてそう。。(笑)
なにせ女子にはもてない男やったから(^-^;)

病院で、死に目にあえなかったとき、あんちゃんのことを思い出したよ。
家で看取っても、病院で亡くなっても後悔は一緒だっていうの。
これがビスコにとってはベストだったんだなぁと。

心遣い、感謝します。

またメールするね。
ありがとう(*^▽^*)
Secre

     
カウンター
遊びに来てるのは・・:
プロフィール

ゆかぽん

Author:ゆかぽん
名前 ビスコ 
犬種 ボストンテリア
性別 男の子
毛色 ホワイトブリンドル
好き 女の子 ボール ディスク
性格 12歳8か月にて永眠しました。お空でたぶん、雨の神さんにボール投げを強要してると思われます(笑)             

☆誕生日☆
mixi(ミクシィ)やってます!
最近のコメント
最近の記事
myブログリスト
ブログパーツ
リンク
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード